2017年11月17日金曜日

地元の公立図書館にリクエストをかけよう! #親への手紙

以前にも書きましたが、「日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?」(Create Media編、dZERO出版、2017年10月)を、水戸市立図書館茨城県立図書館にリクエストしました。その結果、両館とも買ってくれました!

この本は専門家にとっては虐待被害の主観的事実を知る貴重な一次資料となります。一般向けとしても、虐待の実態がどんなものかを知ってもらうのにうってつけの本です。さらに、虐待されていても気づいてない人たちがこの本を読んで、自らの被害に気づいてもらうことにも適しています。ですから、専門家よりも一般の人たちに読んでいただきたいですね。もちろん多くの人に買ってもらった方がありがたいですが、公共の図書館に置いてもらうのもいいと思います。

読んで共感してくださったら、どうか寄付をお願いします。寄付先はこちらです。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/02/blog-post_14.html

ところで、図書館に希望の本を置いてもらうには、2通りの方法があります。

図書を寄贈する

1つは寄贈です。寄贈は受付けているところと、受付けていないところがあります。少なくとも私が知る限りでは、積極的に受付けているところは多くないように思います。受付けていても、所蔵不可でも書籍を返却しない、その地域に関係する資料や図書に限定されているなど、色々な制約を設けているところもあります。

ちなみに茨城大学図書館にはやはり「地域性がない」という理由で寄贈を断られました。残念です。そういうわけで青山学院大学図書館(本館)へ送りました。青学図書館ではとくに寄贈の制限はないようです。手紙の主の私の紹介文付きです。さて口説けるかどうか。

寄贈の受付は図書館によってまちまちですので、公式HPを閲覧したり、電話等で尋ねて個別に確認してください。

希望する図書の購入をリクエストする(推奨)

もう1つは購入希望のリクエストです。こちらの方が簡単です。公立図書館であれば間違いなく受付けています。ただし、方法はいくつかあるようです。茨城県立図書館では新規購入の専用リクエスト用紙を出しました。水戸市立図書館では通常の貸出予約申請書で良いとのことで、書名・出版社・出版日を書いて提出しました。どちらも買ってくれました。だいたい1ヶ月〜1ヶ月半くらいで連絡が来ました。申請書には、購入不可の場合も連絡がくるようなことが書かれていたように思います。

大学図書館のリクエストの一般的な状況はわかりませんけど、少なくとも青学の図書館は現役学生のみリクエストを受付けていて、卒業生はリクエスト不可でした。これも確認が必要だと思います。

だいたいこんなところです。地元の公立図書館にリクエストしてみたらいかがですかね。新刊だし、結構通るんじゃないでしょうか。

2017年11月15日水曜日

#MOS試験 対策について。#Word #Excel #Access #PowerPoint

これからの副業(起業)をどうするか考えて、2017年は行政書士を取得しようと勉強していたのですが、座学の苦手な私にはなかなか難しい。行政書士はまたあとで考えるとして、それより自分のこれまでのスキルを活かす方が良いと思い直しました。パソコンの訪問講師などをやってみるのにあると良い資格、かつ失業中に取れる資格ということで、MOS(Microsoft Office Specialist)受験に切り換えました。

私のいた業界(設備管理、保育)では持ってる人も全くいません。まして片田舎の水戸です。受ける人も少ないのだろうと思っていましたが、意外とニーズがあるように思いますので、ちょっと受験体験談を書いておきます。

私のMOS受験概況

8月から11月12日現在で取得したのは5つ。

全てバージョンは2016、()内は得点(1000点満点)

  • Word(981)
  • Excel(1000)
  • PowerPoint(979)
  • Word Expert(950)
  • Excel Expert(1000)

です。11月中にAccessも取得する予定です。


使用したテキスト

テキストはFOM出版の「MOS 対策テキスト&問題集(よくわかるマスター )」を使いました。他のテキストは斜め読みしかしてないのでよくわかりませんが、少なくとも試験対策ならこのテキストだけで十分です。(このテキストに書いてあることがある程度理解できることが前提になります。わからない場合は地道に教科書から読んだ方がいいかもしれません。)
付属のCD-ROMには模試プログラムがついています。これがなかなかよくできています。実際にMOS本番を受けてみるとわかりますが、模試プログラムは実際のMOS試験とほぼ同じ感覚です。試験はマルチプロジェクト方式というのが取られています。1回の模試では、完全に分離したプロジェクトが5〜7つあり、その中に試験問題である「タスク」が4〜7題置かれています。なお、模試CD-ROMでは、あらかじめ用意された5回分の中のプロジェクトをランダムに組み合わせた模試「ランダム」を受けることもできます。

訓練方法

操作スキルの試験なので、勉強というよりは訓練ですね。私の場合は、まず解説・確認問題を2回繰り返しました。読むだけではなく、Officeを操作しながら2回です。そしてあとはひたすら模試を繰り返します。1〜5回までを3周、そしてランダムを5回くらいです。個人差はあると思いますが、ある程度の基礎のある人ならば、この方法で一発合格、それもかなりの高得点でいけると思います。

模試プログラムの採点は、本番より厳しい?

これはやってみるとわかると思います。特にExcelで顕著です。例えば絶対参照(例:"$E$4")です。表などでオートフィルを使った数式のコピーする必要がない場合は絶対参照が不要ですが、絶対参照で指定しても答えは同じです。ところが、模試は絶対参照したセル指定を誤答と判断します。

模試をやりながら、ずいぶん厳しいなあと本番に臨んだExcelの試験、結果は意外や意外、Specialist(一般)もExpert(上級)も1000点満点でした。推定ですが、本番では解答が複数認められているんじゃないかと思います。模試で正答率90%以上をコンスタントに出せるなら余裕で合格圏内だと思います。対策が万全なら、本番は気楽に受けても良いのかもしれません。

Expert(上級)試験は注意

Word、Excel の Expert(上級)試験 は注意が必要です。Specialist 試験と比較して難しいのは想像できると思います。さすがの私も難しく感じました。使ったこともない機能に驚き、Excel Expert は使ったことのない関数にも驚きました。検索や財務関数は理解に時間はかかりませんでしたが、キューブ関数は3次元データモデルから理解しなければならず、大変でした。

それだけでなく注意したいのは、Specialist と重なる部分があることです。明らかに Specialistレベルの問題も、Expert には出ます。これについては Expert の対策テキストには載ってません。

試験元のオデッセイでは、「上級レベルは一般レベルで学習している内容を理解していることを前提として開発されています。出題範囲は一般レベルと重複していないため、上級レベルを学習しただけでは、一般レベルで学習する基本的な機能や操作方法を活用できていない可能性があります。」としています。
http://mos.odyssey-com.co.jp/faq/detail1.html#detail1_26

ですから、いきなり Expert(上級)を受験する場合は注意が必要です。とくにExpertの対策本のみで受ける場合は話が飛んでいて面食らうかもしれません。

だいたいこんなところですかね。

Outlookには「対策テキスト&問題集」がない

Outlook 2016 ですが、Webの記事を読む限り一番簡単にとれる感じです。ただ、模試までついた対策テキストがありませんので、訓練の効率が悪くなりそうで心配です。

検索したところ、同じ悩みを抱えている人がいたようで「知恵袋」で該当記事がありました。なんと Odyssey 公式のカスタマーサポート自ら回答していました。

「試験の出題範囲をほとんど網羅しているテキストとして以下の解説書があります。試験対策のテキストではございませんが、学習の参考になると思われますので、書籍の目次とOutlook2016の出題範囲を比較して学習をお進めください。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13179776728


Odyssey自らお薦めの参考書のようですので、これで出題箇所を参照して訓練されるのがよいでしょう。

2017年11月10日金曜日

職業訓練の条件が厳しくなっている。#雇用保険

職業訓練の話を聞いてきたんだけど、10年前にNPO起業科を受けた時と比べて、話がきつくなってます。

公共職業訓練はポリテクセンターでやるような公的訓練と、民間に出す委託訓練がありますが、どうも委託訓練の方は原則「受講指示」とはならないようです。これがどういうことになるかというと、例えば失業給付に関わります。「指示」があれば、訓練開始日に失業給付期間が残っていれば、訓練終了まで延長されます。しかし、委託訓練には「指示」対象とならないものがあるようで、この場合、失業給付は延長になりません。

制度が変わってきたのは震災後ですかね?ちょっとわかりませんが、とにかく10年前と比べて話がきつくなっています。雇用保険関係は実際に失業しないと関係ないですから、みなさん知りませんよね。その身になってみると、社会保障がどんどん削られているというのを実感できます。